仁丹のち気分、晴れ。TM 仁丹

SCROLL

JINTAN HISTORY

100年前から丹念に紡いできた
仁丹=「思いやり」の物語。

仁丹
#02

運動に仁丹 炎天に仁丹

甲子園で熱戦繰り広げられる、夏の全国高等学校野球選手権大会。
大正4(1915)年に開催された、第1回大会。当時は全国中等学校優勝野球大会と呼ばれたそう。その当時森下仁丹が出した広告がこちら。炎天下の応援の際には、「キットキット仁丹お忘れあるな!」とあり、「仁丹さへ召上れば涼味津々!」とも書かれています。
口臭が気になる時に仁丹をポンと口に入れる方も多いと思うのですが、気分をスッとしたい時にもお役に立てる口中清涼剤です。
野球観戦時はもちろん、日常生活にも「キットキット仁丹お忘れあるな!」

仁丹の広告

仁丹の広告

1915

※掲載の広告は森下仁丹の歴史に基づいて記載したものであり、現行製品のものではありません。